当サイトでは、「グロースファクター」と呼ばれる成分を配合した
「エイジングケア」を目的とする、おすすめの美容液を紹介していますが
このグロースファクターは、まだまだ<知る人ぞ知る>成分でもあります。

現代のスキンケアにおいては、まさに「最先端」のアプローチができる存在ですが
実はスキンケア以外にも、「発毛(育毛)」等に利用され始めています。

そしてその理由こそが、スキンケアの最高峰と呼べるものであり
極めて科学的なその効果の鍵とは、「成長(Growth)」にあると言えます。

グロースファクターの効果とは、肌が持つ「成長(再生)因子」を呼び起こし
「保護(ケア)」の、その先の働きかけを行うことと言えます。

失われていく<もともとあった>素晴らしい能力

グロースファクターとは、もともと肌が持っていた「因子」を再現する成分です。

それ自体は「たんぱく質」になりますが、特定の因子を活性化するものであり
その因子とは、

  • 新しい細胞を生み出すきっかけとなるもの
  • 傷ついた細胞の再生を促すもの

以上の2点が主なものとなり、それぞれの過程に必要な成分である
「コラーゲン」や、「ヒアルロン酸」を活性化する能力でもあります。

これらの能力(因子)というのは、加齢による減少が避けられないものであり
20代の前半から、すでに減少が始まっていると考えられています。

というよりも、「見た目年齢」の劣化というのは

  • 活性酸素(細胞のサビにつながるもの)の増加・積み重ね
  • グロースファクターの減少

以上の2つによって、現れてくるものになります。

グロースファクターの減少は、より早い年齢から始まるため
あらゆる意味で、「20歳前後」が<肌の美しさ>のピークであり
「本格的なケアは、30歳が目安でいいや」では、遅いことが事実なのです。

そのためエイジングケアとは、「20歳の半ば」には始めるべきなのです。

過ぎてしまったことは、仕方のないことですし
実際には、30代から「特別なケア」を始める女性は多いものです。

やはり「30歳」とは、あらゆる意味で節目になるものであり
「お肌への働きかけ」に関しても、きっかけになるはずです。

また何より「特別なケア」は、「普通のケア」に比べてお金がかかるものです。

そのため、「必要性」と「可能な限り」ということを考えて
できるだけ早く、取り組んでいってみて欲しいと思います。

「自分の力」で美しく保つことができるようにしてあげる

スキンケアとは、あくまで<ケア>であり
基本的には「維持・見せかけの美」が目的になります。

エイジングケアアイテムの、基本的なコンセプトは「保湿」になりますが
本来であれば<自力で保湿できる>ことが、望ましい状態と言えます。

スキンケア自体にも、<やらないより、やる方があきらかによい>ものになりますが
結果としての美肌というのは、あくまで使用した「スキンケアアイテム」の力によるものです。

自分の肌本来の力を蘇らせることによって、

  • ハリ(弾力)
  • ツヤ(きらめき)

等を<自然に>保つことにつながり、
結果的に、「ほうれい線(シワ)」等の解消につながることになります。

「乾燥肌」等といった個人の生まれ持った傾向(体質)も影響しますが
簡単に言えば、<若い時のような元気な肌細胞に近づける>ということになります。

もちろん、とってしまった歳を元に戻せることはできるわけもありませんが
せめて<再現>するための働きかけが、より高度なものへと進化している時代と言えます。