時代が流れると共に、主流・ブームとなる美容法にも変化が見られ
また美肌・ダイエット等、その目的によっても異なるものになります。

基本的には、時代の流れと共に進化しており
特に昨今では<より理論的な方法>が求められる傾向があります。

しかしながら、こと「肌」を綺麗に保つための方法としては
<潤いを与える>ことに加えて、<抗酸化成分>を取り入れるということ
この2つの<鉄板アプローチ>にと呼べるものに関しては
非常に長い間に亘って、主流として考えら・実践されてきました。

肌の「自分の力」を蘇らせる

当サイト上でも、シワ・たるみ・シミ・黒ずみという
典型的な加齢による肌トラブルは、肌中の水分が失われたことによる結果であり
それを改善するためには、肌へ水分を解決することが重要としています。

また、そもそもの肌細胞の衰えとは「活性酸素」によるものであり
余計な活性酸素を、解消するために抗酸化成分が有効なのです。

しかしながら、これらの働きかけというのは
基本的には<その都度、外部的な働きかけが必要>なものと言えます。

つまり、肌に対して常に何らかのアプローチが必要であり
肌が<自ら・自発的に>綺麗になろうとすることができなくなっている状態と言えます。

そもそも、若い頃の肌というのは「ターンオーバー(新陳代謝)」を中心に
細胞が生まれ変わる速度・完成度が高かったことで
常に、綺麗な状態を保つことができた側面があります。

加齢とはそういった能力の衰えであり、また当然の変化でもありますが
失われてしまった<肌本来が持つ美を保つための力>を取り戻すことことこそ
できるだけ長く美を保つため・アンチエイジングのために有効と言えます。

そして、現在では「従来は一般的ではない」ものであった
肌の能力の回復・育成というものが、比較的身近な時代になってきました。

肌を育てる「グロースファクター」

この<肌自体が持つ能力>を、鍛える・促進するアプローチというのは
近年、「アンチエイジング化粧品」の内容として主流となっています。

比較的人気のある、高品質化粧品の中には

  • 保湿能力が優れている
  • 衰えた肌にのりやすい

ということに加えて「グロースファクター」といった成分が
含まれているものも、非常に増えてきています。

  • 成長因子
  • 成長ホルモン

といった、成人してしまった人には無関係と思われるような
肌質を<強化する」>という印象のある成分ですが
本来であれば、若い時期であれば、自分で作り出すことができたものでもあります。

しかしながら、失われてしまったのであれば
もう一度刺激を与えることで、取り戻そうという理論の下
「スムーズに再生するための成分」を作れなくなってしまった体(肌)を
<もう一度育てる>というコンセプトになります。

「グロースファクター」についての詳しい解説ページへ

年をとったら<蘇らせる>ことが必要に

肌の力を蘇らせるという、考え方・働きかけ自体は
「グロースファクター化粧品」が、身近になる以前より存在したものでもあります。

「角質培養」といった名称を聞いたことのある方は多いと思います。

角質培養とは、<肌になにもしない>ということで
<フラットな状態>を作り出し、一度「リセット」するというものになります。

これは、肌本来が持つ「自然治癒力」によって
肌の状態を整えよう、という考えが元となっており
ある意味で、最も自然で、何よりお金がかかりません。

ただし、一定の年齢を超えた女性にとっては
「諸刃の剣」とも言える方法であり、<何もしない>ということは
肌を無防備な状態にしてしまうことでもあり、刺激に弱くなった肌にとっては
<化粧品による刺激>以上の、刺激を受けてしまうことも想定できます。

そもそも、<肌の能力を蘇らせる>とういうことにはならないのです。

また、昨今では<よりオーガニックな働きかけ>として
昨今では、「菌活」といったコンセプトも

  • 酵素ドリンク
  • オーガニック化粧品

といったものを含めて、ブームの1つとなっており
こちらは、ぜひ検討すべきコンセプトの1つでもあります。

やはり「美容液」によるケアが効率的

以上のように、<肌(体)本来の力>を引き出すことで
美しい肌を蘇らせる、という考え方・アプローチというのは
非常に建設的な考え方である一方で「時間」と「手間」がかかることが特徴です。

「回復を待っている間に年を取ってしまう」

という、最大の矛盾・ジレンマが存在することになります。

そのため、「取り入れてみたい」と考えた際には
まず、とりあえずは「グロースファクター」配合化粧品がおすすめであり
いわゆる「エイジングケア化粧品」の中から、選ぶべきと言えます。

日々、新たな成分、またそれらを配合した新たなアイテムが販売されており
<自分の肌を育てるためのアイテム選び>は、1つの「やる気」にもつながるはずです。