よく耳にする言葉ではあるけれど、一体それがどんなものなのか?
詳しくは知らない、でも何となく良さそうな成分だから、入っているといい。

そういった存在というのは、美容アイテムを中心に少なくありません。

何ともない「水炊き(コラーゲンの代名詞)」よりも、
<コラーゲンたっぷり水炊き!>といった
特別な注釈が付いてた方が、女性は特に惹かれやすいものでもあります。

そして、そういった成分の中に「ビタミンC」があり
それ自体は、おそらく最も馴染みの深い美容成分と思われます。

それに加え非常に似た印象を受けるものに、「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分があり
<もしかして、ビタミンCよりも優れた成分なのでは?>と思い
とりあえず入っているといい、と認識している方もいるかもしれません。

しかしながら、このビタミンC誘導体というのは
確かに強力な成分であり、場合によっては注意が必要な成分でもあります。

実はメリットとデメリットの両方がある成分

ビタミンC誘導体は、ビタミンCでもあり、ビタミンCではない、という
<ビタミンCになる直前の状態>と言える存在です。

「補酵素」と呼ばれる成分の1つであり、他の酵素と結びつくことによって
<最終的にビタミンCとなる成分>というものになりますが
そもそもビタミンCを、より浸透しやすい形にする際に配合されています。

まさにビタミンCを、肌の奥まで「誘導」することが使命と言えます。

そもそもビタミンCとは、正式名称を「L-アスコルビン酸」と呼び
その主な<欠かせない働き>は、

  • 免疫力の保持
  • コラーゲンの生成

以上の2つになります。

それに加えて、「抗酸化作用」といった
美容に・特にアンチエイジングに欠かせない働きを担っており
同時に「美白」「保湿」といった、プラスアルファも含まれることになります。

ビタミンC誘導体に関しても、こういったビタミンCと同じ働きを持っている一方で
<それ自体に保湿作用はない>といった、独特の特徴を持っています。

また「強い成分」と言われており、使用した後に<肌がつっぱる>ことや
そもそも乾燥肌の人であれば、「ピリピリ」と傷むこともあります。

保湿ではなく、むしろ「皮脂」を減らす働きがあり
その分肌が引き締まり、<毛穴が見えにくくなる>ということはメリットです。

取り入れるのは簡単

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった
今となっては「入ってます!」と言われても「ふ~ん」程度にしか思わない成分も
知られ始めた当初というのは、珍しがられた・あがめられたものです。

ビタミンC誘導体に関しても、同じように近頃では一般的な成分として
エイジングケアアイテムの<すでにスタンダードになっている>といえる成分です。

またその効果に関しても、それほど深く考えることもなく

  • メラニンの還元作用による美白
  • コラーゲンの生成
  • 肌の引き締めによるたるみ・毛穴の縮小
  • 肌の殺菌によるニキビの予防

といった、「保湿以外」の基礎美容アプローチのほぼ全てと言えます。

少しだけ注意したい成分

そもそもビタミンCは、体内で生成できないものであり
また「外部」からの摂取は、特にお肌のために重要なものです。

エイジングケアを、コンセプトとしているアイテムの多くに含まれ
それほど気にして利用する、特別に期待するアイテムではないとも言えます。

しかしながら、美白や肌の引き締めの効果が、劇的に大きいものである一方で
「保湿目的で使ったのに、逆に乾燥してしまった」ということも考えられ
配合されたアイテムとの、相性等が非常に重要となるアイテムです。

利用する際には、濃度等のバランスを考える必要もあります。

またビタミンC・ビタミンC誘導体共に、非常に種類の多い成分であり
全ての種類・効果を把握して利用するものは難しいと言えます。

そのため<ある程度高価なもの>が無難であり
その際にも、「化粧水」もしくは「美容液」のいずれかにしましょう。