今現在幸せであること、充実した人生を送ってきたことに、越したことはありません。

いい人生を送るためには、<美しさ>ということ以上に
日々の生活の中での、充実感・喜びといったことが必要であり
そういった人生を送ってきた方というのは、健康的な体である傾向が強く
<結果的に肌も綺麗>な傾向があると言えます。

「健康状態」と「美容」というのは、比例するものであり
精神的な健やかさは、肉体的な健康にもつながる要素と言って間違いありません。

しかしながら、時に・局部的に「幸せ」であることが
悩みの種になってしまう、というチグハグな現象が起こります。

その中でも、典型的なものが「笑いジワ」と呼ばれる
<笑顔が招くシワ>であり、目じり・口元にできる嬉しくも悲しい現象になります。

特に、口元のシワは「ほうれい線」として知られており
老化に伴う、代表的な懸念事項の1つでもあります。

「くせ」が定着してしまっている

シワが発生してしまう基本的な要因としては、肌の保湿能力が失われたことであり
老化現象に伴って、シワが増えてくるのは当然のこともでもあります。

それに加えて、「紫外線」をはじめとした外部からの刺激によって
肌がダメージを受ける・水分が奪われることで、リスクが上昇することになります。

これらは、それぞれ「乾燥シワ」「光老化」「紫外線シワ」と呼ばれるものになります。

そして、笑顔によってできてしまうシワは「表情シワ」と呼ばれ
笑顔に限らずとも、特定の表情の頻度・継続によって発生するものです。

簡単に言えば、「特定の表情を作りすぎて定着する」という現象です。

徐々に元に戻らなくなってくる表面組織

表情を作るということは、皮膚が動くということです。

そして、その動きに合わせて特定のシワが形作られますが
その際「表皮」は、非常に複雑に湾曲しています。

この表皮の湾曲こそがシワの正体であり、細かいものから大きなものまで
また浅いものから、深いものまで様々なものが発生することになります。

その表情が元に戻れば(真顔)その湾曲も、元に戻ることになりますが
戻りにくくなるのが、まさ老化なのです。

「形状記憶機能」を持った衣服が、洗いすぎることによって元に戻らなくなるように
皮膚に関しても、乾燥を伴う老化によって元に戻りづらくなります。

乾燥によって固定されてしまう

更には、その湾曲した部分から水分が失われることで
そのシワというのが、まさに「刻まれる」ことになります。

この現象は、「妊娠線(肉割れ)」と非常に似た現象です。

目じりのシワ・ほうれい線の解消方法

何はともあれ、基本的な対策は「保湿」になります。

肌中の失われていく水分を抑え、更に取り戻すことが必要です。

そうすることで「ハリ」「弾力」が生まれ
「形状記憶」が蘇り、元の肌に戻ろうとする動きが生まれることになります。

しかしながら、<若くない細胞>にとっては
それだけでは不十分なこともあり、やはりスキンケアアイテムの力を借りる必要もあります。

ここれは、目じりのシワ・ほうれい線のケアに解消に対して
特におすすめの、スキンケアアイテムを紹介しておきます。

もっと笑顔になるために

「たるみ」という現象は、シワと同じものです。

大きなシワがたるみであり、その原因・改善策も共通しています。

このたるみの関しても、「頬」に多く見られるものであり
当然、笑顔の繰り返しによって形作られるものです。

<幸せの代償>の1つのなのかもしれません・・・

しかしながら、これらを克服することで
より大きな幸せ、特に<女性としての喜び>も大きくなるはずであり
幸せだったからしょうがない、、、ではなく、しっかりと解決していくべきなのです。