「老け顔」と呼ばれてしまう状態を招く要素としては
「シミ」「シワ」「たるみ」等、様々なものが挙げられますが
その1つとして、目の下を中心とした「クマ」も含まれるるはずです。

そしてこのクマも、その他の「フケ要素」と同じく
年をとることによって、発生・定着のリスクが高くなっていくものであり
より入念な対策・ケアが必要になることは、言うまでもありません。

そして、クマが増加してしまう要因は、加齢によって変化する体
それによって現れる症状の「集大成」とも言えるものなのです。

基本的に常にリスクのあるトラブル

クマができてしまう原因としては、基本的には「寝不足」といった
「疲れ」によるものであり、これ自体は経験として自覚している方も多いはずです。

たとえ若かったとしても、そういった条件下ではできてしまうものであり
最も根本的な要因である、疲れ・寝不足を解消することが基本的な対策になります。

しかし問題なのは、

  • できやすくなった
  • とれにくくなった

といった、「そもそものリスクの上昇」であり
これは「疲れを反映しやすくなった」とも言えることであり
この状態を何とかすることが、老け顔を回避するための重要な一手になります。

加齢によってリスクが上昇した状態にある

そもそも目の周りというのは、皮膚が薄いという特徴があり
「皮膚の下」の状況が、非常に分かりやすい傾向があります。

そのため、目の下の組織が劣化していること
主に「血管」の状態が悪化していることで、クマが「目立つ」ことになります。

本来(若い頃)であればクマにならなかったものでも、クマとなってしまうのです。

それには、皮膚組織が薄く(密度が低く)なったことと同時に
「血行」を中心とした、肌を元気に保つ要素が悪化していることで「より黒く」見えるのです。

それに伴って、たるみの原因ともなる「筋力の低下」
「くぼみ」「細胞の凹凸」を発生しやすくしてしまうことで
クマができやすい(見えやすい)状態が、整ってしまうのです。

いわゆる「皮膚痩せ」と呼ばれる状態になります。

中には、本来はクマではなく「色素の沈着(いわゆる茶クマ)」といったこと考えられ
これもまた、細胞の劣化・血行の悪化が原因でもあります。

クマの解消方法

クマを解消するための<取り急ぎ>の方法としては、「温かいタオルを置く」ことが
一般的であり、目の疲れも言えるため実践している方も多いはずです。

これは「アイパック」と呼ばれることもあり、実際に非常に効果的になります。

患部を温めることによって、細胞が活性化すること
何より血行が促進されることは、非常に有効な改善策と言えます。

これは「マッサージ」にも言えることであり
「温めて揉み解す」ことが、すぐにできる改善策に違いありません。

体液の循環を意識する

しかしながら、この基本的なケアとしての「血行の促進」は「応急処置」にすぎません。

根本的な解決策としては、やはりクマができやすい要因である
「血行不良」を改善するすること、尚且つ筋肉を中心として
顔の「ハリ」を取り戻すことが不可欠になります。

顔だけのハリを取り戻すためには、何らかのアイテムが有効ですが
やはり、「体全体」の血行を促進することが重要であり
健康的な習慣にもつながるための、血液の改善を含めて
「食生活」といった、より基礎的なことから見直していくことも重要になります。

目の周辺を重点的に

また実際には「顔面の血行」は、「周囲の状態」が決めるものでもあり
主に「上半身の血行の状態」に加えて、「リンパ液」の流れの悪化によっても招かれるものです。

だからこそ、体全体の状況を改善することが必要ですが
「肩こり」「首こり」といった、特に顔に近い部分の改善が非常に有効なのです。

これらはクマ・たるみだけでなく、シミ・シワの改善にも有効であり
「総合的な問題」を解決するためのアプローチは、総合的なケアになり得るのです。

そして忘れてはならない、何よりの最高のケアは「質の高い睡眠」になります。