肌の保湿能力の低下、それに伴う数々のトラブル
これらの加齢に伴う「美的要素の喪失」の根本要因は
<女性ホルモンの減少>であり、美容だけなく健康面に関しても
一定の年齢を過ぎた後に現れる問題は、全て「性ホルモン」が握っていると言えます。

この現象自体は、「ある程度は避けられない」ものでもあり
いくら騒いだところで<年をとるとはそういうこと>とも言えます。

しかしながら、

とはいっても、

少しでも「美しさの素を保ちたい」「ケア楽にしたい」と考えた際には
やはり、女性ホルモンの減少をくいとめる・できれば増やすことが
最も効果的なアプローチであることには違いなく
「減って当たり前」という姿勢から、できるだけ工夫・改善をしてくことが大切です。

体内環境を左右する「食事」

「ホルモン」に限ったことではありませんが
体の中で分泌されているものは、当たり前のことですが目に見えないものです。

そのため、どれだけ減っていて・どれだけ改善しているということは分かりません。

しかしながら、それでも働きかけなければならないものであり
できることというのは「目的にとっていいものを取り入れる」ことであり
そのためには、食事にとって摂取する「栄養素」が何より重要になります。

ホルモンの素となる成分を摂取する

何はともあれ、特定の要素に関する改善をしたいのであれば
その要素に「ピンポイント」で効果にあるもの・成分を取り入れることが大切です。

  • <骨>を強化したいのであれば「カルシウム」
  • <お腹の調子>を整えるのであれば「乳酸菌」

そして、こと女性ホルモンに関して言えば
やはり「女性ホルモン成分」を、摂取することが効果的です。

女性ホルモン成分とは、主に「植物性エストロゲン」を指すものであり
「豆腐」を代表とした「大豆製品」がに含まれることは、今となっては常識的です。

「豆乳」といったものは、一時期ブームになっており
実際に食卓に取り入れている女性も多いと思われます。

この他にも植物性エストロゲンを中心とした
女性ホルモン成分を含んだ食材としては

  • ザクロ
  • キャベツ
  • アボカド
  • ナッツ類

といったものが挙げられ、これらはホルモン成分を直接含んでいないにしても
体内で代謝されることによって、女性ホルモンを維持する・増やす働きがあります。

「卵」といった、非常にありふれた食材にも
意外に大きな効果を持っており、できるだけ毎日食べたいものです。

また基本的に「生食(火を通さない)」がより効果的です。

しかしながら、「一般的な食材」から摂取することは難しいながらも
これら以外にも、女性ホルモンにとって有効な栄養素が存在します。

「大豆イソフラボン」だけではない植物性エストロゲン

「植物性エストロゲン=大豆イソフラボン」とイメージする方が多く
それ以外には知られていないことも多いですが
女性ホルモン成分というのは、他にもたくさんあります。

特に、昨今では「プエラリア」や「アグアへ」といった成分も
徐々に知られてくるようになりました。

ただし、プエラリアやアグアへを含むサプリは
比較的高価であり、手軽に取り入れることはなかなか難しいものです。

そのため、女性ホルモン成分を効率的・お手軽に摂取するためには
「更年期障害対策サプリ」の利用がおすすめになります。

女性ホルモンへの働きかけは自律神経を安定させる

更年期障害対策サプリには、女性ホルモン成分はもちろん
「自律神経」を落ち着かせるための成分が含まれます。

自律神経と性ホルモンは、互いに非常に密接な関係にあり
どちらかが崩れれば、どちらかが崩れ
そちらかを改善すれば、どちらかも改善していくという関係です。

そもそも自律神経とは、体の機能の全般を支配している「司令塔」であり
多くの体調・美容トラブルの根源は、自律神経の乱れでもあります。

そのため、自律神経を正常に保つことは
美容にとっても、根本的な改善策と言えるのです。