人間は必ず年をとるものであり「永遠に若く」存在することはできません。

「誰でも年をとる」という、その当たり前の事実の下で人生を生きています。

そして、一定の年齢に達した後には
漠然と「もうこれ以上年をとりたくない!」と思う人は多いはずです。

年をとることによる<弊害>は、数えきれません。

その「老いを自覚するタイミング」というのは、人それぞれではあるものの
「体力」と「見た目」という、自分で感じる・見る・気づくことができるものによって
多くの人に<その時>が、訪れることになります。

この事実に耐えることができない、何としても抗おうと考え、行動し始めるのです。

エイジングへの「抵抗」を始める

「年をとる」ことに対して不安・恐怖、更に<絶望>を感じてしまうのは
やはり女性に多い傾向があり、そのための「あらゆる角度からの解決策」を
日々考え・実践しているという人は、多いと思います。

恐怖の先にあるものが「見た目の劣化」ということも、女性ならではです。

  • 老ける
  • 醜くなる

これらに対し、直接的な抵抗感があるはずです。

「醜くなっていく」のではない

しかしながら、
加齢からは逃れられない・誰もが平等に年をとる、という事実は
あくまで<年齢的には>という、注釈がつくものであり
「加齢=醜くなる」というものではないことも、また事実でもあります。

「年の割には」という注釈がつくものの
年をとっても綺麗な女性は、多く存在し
要は「分相応以上の見た目」を、保ち続けるということです。

あらゆる美の要素が劣化していくなかで
「できるだけ」綺麗なまま・美を保った状態で生きることが
多くの女性が、現実的に求めているものであるはずです。

誰もが「20代の見た目のまま生きる」ことは、不可能であると分かっているはずです。

何よりも「できるだけ早く」始めるべきこと

「若さを保つ」という願望は、人間にとって、特に女性にとっては
永遠のテーマであり、「アンチエイジング」といった様々な「ブーム」を経ながらも
常に研究され続け、最良の施策・アプローチが編み出され続けています。

しかしながら、「時計の針を戻すことはできない」ことは、永遠に解決できないことであり
だからこそ「戻す」のではなく「止める」という考えが必要になります。

そのため「保ち始めるタイミング」は、早ければ早いほどいいことは間違いありません。

今から始めましょう。

「急がば回れ」本質的な要素から考えていく

そして、「美容」に関して考え・実践していく際には
「健康」に関する要素が、欠かすことができないものになります。

年齢を経れば経るほどに、美容に対する
「健康が与える影響」というものが大きくなります。

つまり、美容への働きかけ以上に、健康への働きかけが必要になります。

この事実を、決して忘れてはならず
「外側(見た目)をよくするためには、まず内側から」と考えましょう。