「年をとれば、見た目が衰えていく」

これは当然のことでもあり、受け入れるしかないことでもある

・・・と思われていることです。

しかしながら、「結果」には関らず「原因(要因)」が存在するものであり
衰えていく過程には、それなりのメカニズムが存在します。

こういった、<当たり前>と思われている現象に関しては
その仕組みをご存じない方も多く、それ故に食い止めることができないことも多いと言えます。

特に<見た目の衰え>に関しては、<皮膚の衰え>が影響を与えています。

人間の見た目というのは、結局は「皮膚の表面」であり
最も外側に存在する「肌」の状態というのは、最も多くの影響を与えます。

そういった面からもエイジングケアの中心は、スキンケアであると言えるのです。

「水分量」に比例するお肌の状態

加齢による肌の劣化の正体は、肌中の「水分量」の低下です。

エイジングケアとは、<肌の水分量の減少との闘い>と言えるものです。

もちろん、元気な細胞自体が少なくなっていることが第一に考えられますが
その<劣化した細胞で構成された肌>というのは、

  • 水分が蒸発しやすい状態になる
  • 溜めておくことができる水分量が少なくなる
  • 水分を溜めておく力が劣化する

これらの「トリプル要因」が発生してしまってている状態です。

肌の状態というのは、基本的に含まれる水分量で決まります。

「老け」を再現している、典型的な症状である

  • シワ
  • たるみ

これらは、肌細胞が抱える水分量が減ることで起きます。

水分の量が少ないことで、シワが発生し、深く刻まれ
シワのできやすい面積があつまれば、いずれ決壊(たるみ)が発生するのです。

「傷」が付きやすい状態が状況をより悪化させる

<瑞々しい肌>と言われる「潤い」を秘めた肌は、美しいだけでなく強い肌でもああります。

そもそも、シミ・そばかすを代表とする色素の沈着に関しても
紫外線をはじめとした、様々な刺激が肌を傷つけたことによるものです。

肌中に存在する水分とは、そもそも外部からの刺激から肌を守るために存在するものなのです。

水分を保つ成分の減少

そして、なぜ肌が水分を保持する力(保湿力)を失ってしまったかと言えば
細胞の劣化と共に、細胞内の「保湿成分」が失われてしまったためと言えます。

肌の表面に存在し、最前線で刺激から守っている「皮脂」の減少

それに加えて、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

広く知られている成分だけでも、様々な物質が等しく減少しています。

やはり「グロースファクター」は根本的な解決策

肌の保湿力の減少は、

  • 細胞の衰え
  • 保湿成分の減少

以上の2つの面から考えることができ、それぞれに相応しい働きかけが必要です。

減少したしまった保湿成分を、外部からの補充することは
典型的なスキンケアであり、そのためのアイテムは豊富に存在します。

しかしながら一時的なケア成分だけでは、細胞の衰えに働きかけることがでません。

そして、そのための成分こそが「グロースファクター」なのです。

グロースファクター成分に加えて、保湿を中心とした
美容成分が配合されているアイテムであれば、一石二鳥でもあり
そういったアイテムを、利用することが効率的なエイジングケアにつながるはずです。